読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書はイイゾ。

小説をゆるく紹介。感想も。

流星の絆 東野圭吾 あらすじ・感想

f:id:ampiano70:20170415092706j:plain

あらすじ

流星の絆で結ばれた3兄妹

功一、泰輔、静奈の3兄妹は、親に気づかれないように流星を観に夜遅くに出かける。

しかし天候が優れず、雨が降り出したため流星を観ることなく帰ることにしたのだった。

雨が降り続ける中、家に帰り着いた功一は両親の死体を目の当たりにした。また、泰輔は犯人の顔を目撃したのだった。

ごく普通の洋食屋の家庭に生まれた3人は、幼いながらにして心に深い傷を負ったのだった。

そして、犯人を見つけたら自分たちの手で殺すと決意するのだった。

2人の警察

この事件を解決すべく、警察は懸命に動いていた。

萩村と、柏原。

彼らは特に功一たちを気にかけ、事件解決に向け捜査するのだった。

しかし、泰輔の目撃証言があったにもかかわらず、事件解決は困難を極めた。

詐欺グループ

事件の日から14年が経ち、兄妹で協力して育った3人。

彼らは世間を疑い、お互いのことだけを信じて生きてきた。

そして大人になった彼らは、詐欺師グループとして活動していた。

数々の詐欺を計画し、完璧にこなすのだったが、とある問題が発生した。

ターゲットの父親は、泰輔が事件の夜に目撃した人物だったのだ。

事件の鍵はハヤシライス

14年も経てば、記憶もあいまいになる。

泰輔の証言を疑う功一だったが、これを決定づける出来事が起こる。

犯人が経営する洋食屋のハヤシライスの味は、兄妹の父が作るハヤシライスの味とまったく同じだったのだ。

妹の恋心

犯人を陥れるため彼らは証拠を自ら作りだし、警察を誘導する3人。

しかし、静奈は犯人の息子に惚れてしまっていた。

静奈は心の葛藤の末に、功一たちの指示通りに動くのだったがー。

あの夜の真相

時効がすぐそこまで迫る中、様々な人間の思考が交錯し、やがて事件は終焉を迎える。

3人の人生を変えた、あの夜の事件の真相、そして、流星の絆で結ばれた3人の運命は。

 

感想

東野圭吾さんの作品には、いつも最後にあっと言わされる。

この作品もその例外ではなく、最後にどんでん返しを食らった。

先が読めずに最後は驚かされる。この感じがたまらない。(笑)

 

3人の兄妹の復讐物語でありながら、深い絆を描いたとても美しい作品。

読んでいながら、自分もその一員になっている。彼らの行動を見守りながら時に緊張を覚え、いつの間にか応援している。

うまくことが進まない現状にイライラし、ひと段落するとほっとする。

 

3人と警察の視点が巧みに移り変わり、様々な思考の絡み合う。

ばらばらだった事柄が一つに繋がるときには、もう読む手が止まらない。

 

流星の絆 (講談社文庫)

流星の絆 (講談社文庫)