読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書はイイゾ。

小説をゆるく紹介。感想も。

風の中のマリア 百田尚樹 あらすじ・感想

f:id:ampiano70:20170422173533p:plain

 

ー今日が私の死ぬ日かもしれないしかし死んでも悔いはない

疾風のマリア

マリアはオオスズメバチのワーカー。

メスだけで構成されているオオスズメバチのワーカーは生まれながらにしてある宿命に囚われている。それは、帝国(巣)を守ること。

帝国を守るため、マリアは恋もせず、子も産まず、戦い続けるのだった。

偉大なる母

オオスズメバチの中で、唯一、卵を産む女王蜂。

女王蜂は、全ワーカーの産みの親で、ワーカーからは「偉大なる母」と呼ばれていた。

自ら戦いに出ることはない女王蜂だが、彼女の壮絶な人生をマリアは知ることとなるのだった。

帝国にさす影

日々、妹のため戦い続けるワーカー。

羽化してワーカーとなる妹。

帝国拡大のため卵を産み続ける「偉大なる母」。

マリアたちはこの帝国が永久に続くと信じていた。

しかし、マリアは帝国に変化を感じ始める。そして、ワーカーにとって大きな戦いが始まるのだった。

オオスズメバチの一生

30日しかない命を燃やして戦い続けるオオスズメバチのワーカー。

そして、普段は見ることができない巣の内部事情。

複雑に絡み合った宿命は、しかし彼女たちの体に刻み込まれている。

オオスズメバチの一生をリアルに美しく描いた作品。

 

感想

メスのオオスズメバチはなんというか、漢(オトコ)だな、と。

この作品を読むと、そう感じざる負えないです。

戦うために生き、死ぬときは勇敢に。最初から最後まで男らしい。

メスなのに恋ができない、というのは他の虫からすると異様なもの。

しかし、これにはゲノムとか、遺伝子の関係が複雑に絡んでるんですね。

誰に教わったわけでもないのに、それに従って皆戦う。自然界というのは不思議なものですね。

自然界を人間的な視点でリアルに描いた作品は、とても新鮮に感じました。

 

風の中のマリア (講談社文庫)

風の中のマリア (講談社文庫)